伊豆箱根っと ホーム > みんなでつくる伊豆箱根ライブラリー > レジャー / 沼津 / 風景 > 伊豆箱根鉄道軌道線シリーズVol.20 沼津駅前停車場

2017.03.06伊豆箱根鉄道軌道線シリーズVol.20 沼津駅前停車場

ハンドルネーム : 伊豆箱根っと 担当スタッフ様より

伊豆箱根っと 担当スタッフです。

かつての伊豆箱根鉄道 軌道線を感じるウォーキング 今回の第20回目は、とうとう最終回を迎えました。
沼津駅前(ぬまづえきまえ)停車場をご案内します。
かつての軌道線沼津駅前は沼津駅バス停になっています。沼津駅南口西側イーラde前のバス降車場のあたりです。

開業した1906年(明治39年)11月28日のことを調べましたが、この沼津駅前停車場も紅白の布で門飾った門をつくり「祝開業」の額を掲げ、停車場の横に踊りの舞台をつくったそうです。そして開業時には飾られた花電車を運行させたのですがその写真が残されています。
また開業式も盛大に執り行われ、代議士など来賓も多数来て、芸妓の踊りや相撲、音楽隊などの余興もあったそうです。

最後に貴重な情報を見つけましたのでご紹介して締めくくります。
1907(明治40)年1月23日、迪宮(みちのみや)裕仁親王(当時5歳 後の昭和天皇)が三嶋大社を参拝するために駿豆電気鉄道の軌道線でお召列車を運行、沼津駅前~三島六反田間を往復したそうです。ここから軌道線で三島に行ったのですね。この頃、沼津御用邸に皇族はご滞在されていましたからね。沼津は政府の要人が御用邸の近くなどに別荘を構え、財界人もまた三津などに別荘を構えました。

私自身が沼津の街歩きをしたのは久しぶりです。中学生のころ、沼津から電車で30分ほど離れた地域の出身である私には沼津は都会であり、「沼津に行ってきた」と同級生に自慢できる町でした。その後私は東京に出ましたが、今では懐かしい想い出です。

三島町から6.582km。この旅もここで終了です。
軌道線はこの沼津駅前から三島広小路の間約6kmを24分で結んでいたそうです。
私は八幡神社や千貫樋や山王さん(日枝神社)に立ち寄りして三島田町から沼津駅までこのルートを歩きましたが90分でした。
みなさんも一里塚や松林を見て旧東海道を感じながら、かつての伊豆箱根鉄道軌道線も知ることができるこの町歩きはいかがでしょうか?
ぜひこのブログを参考に楽しんでみてくださいね。
20回に渡り、この伊豆箱根鉄道軌道線シリーズを掲載できてたいへんうれしく思います。
みなさまもおつきあいいただきまして、本当にありがとうございました。
またこの伊豆箱根っとでみなさんにお会いできることを楽しみにしています。

データ

MAP
35.10210083120836,138.8590657711029

プランナーに質問する

  • マップで探す
  • エリアで探す
    • ジャンルで探す

ページの先頭へ