伊豆箱根っと ホーム > みんなでつくる伊豆箱根ライブラリー > 中伊豆 / 風景 > 香山寺の山門(旧韮山県庁の石門)

2017.04.18香山寺の山門(旧韮山県庁の石門)

ハンドルネーム : 伊豆箱根っと 箱根担当スタッフ様より

伊豆箱根っと 箱根担当スタッフです。

伊豆の国市 江川邸からほど近いところにある香山寺の山門は石の門。
旧韮山県庁の門だったものを移築したそうです。
この門は2013年3月にもご紹介しましたが写真を撮り直しましたので再度アップします。

伊豆は江戸時代、幕府の直轄地でした。
江戸時代の最後、慶応4年(1868年)に韮山代官所に「韮山県庁」が置かれ
韮山県が誕生、主に伊豆半島が県の範囲でした。
韮山県があったのが今から140年以上前なのでこの山門が作られたのもそのころなんでしょうね。
その後、明治4年(1871年)、相模と一緒になり小田原に県庁が置かれ伊豆半島は「足柄県」になります。
さらに明治9年(1876年)、足柄県は2つに分けられ小田原を中心とした相模地区は神奈川県に合併、伊豆半島は静岡県に合併となり現在に至っています。
つまり、伊豆半島は 幕府直轄地 ⇒ 韮山県 ⇒ 足柄県 ⇒ 静岡県という変遷を経ているのです。
その中でも韮山県はわずか3年ほど存在した県、その当時の貴重な門なのです。

データ

MAP
35.05601875031358,138.9648225903511

プランナーに質問する

  • マップで探す
  • エリアで探す
    • ジャンルで探す

ページの先頭へ