伊豆箱根っと ホーム > 伊豆箱根っとスタッフBLOG > 伊豆箱根鉄道 軌道線 こぼれ話

2017.03.17伊豆箱根鉄道 軌道線 こぼれ話

伊豆箱根っと 担当スタッフです。

伊豆箱根鉄道 軌道線シリーズは
2017年2月6日のVol.1三島町停車場から3月6日のVol.20 沼津駅前停車場まで全20回に渡り連載しました。
今回はその編集後記とも言える、こぼれ話をしたいと思います。
写真は当社に残る駿豆鉄道 軌道線のダイヤグラム。

駿豆鉄道は伊豆箱根鉄道の旧社名です。余談ですが駿豆鉄道が創立し事業開始したのが1917年、つまり今年でちょうど100周年なんですよ。
これも地域のみなさまや、ご利用いただいたお客さまのおかげであると感謝します。
次の100年をめざしてがんばりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

このダイヤグラムは1930年(昭和5)8月15~17日の三嶋大社祭典に合わせた臨時電車の運行図です。
20時以降のダイヤになっています。
今から87年前に使用されたものですよ。
三嶋大社の夏の祭りは昔からこの地域の祭りだったのがよくわかります。
これを見ると上から「沼津」「山王前」「木瀬川」「玉井寺前」「三島廣小路」「三島町」の5駅が記されています。
黄瀬川が木瀬川に記されていますが、「山王前」「木瀬川」「玉井寺前」の3停車場は交換駅でした。


月別記事一覧

ページの先頭へ